現実世界[恋愛]

私は彼に愛されているらしい

「あんた、一体いくつだ。」

あからさまに呆れ顔でそうぼやかれた。ここは実年齢を素直に言うべきか。それとも、どういう意味だとつっかかるべきか。

「竹内くんはいくつだっけか。」
「ああ!?」

しまった、選択を間違えた。でもこの状況ちょっとおかしくない?

「さっき私を好きだって言わなかった?」
「だから何だよ。」

え?怒るところ?



私、清水みちる(しがないOL、パッとしない性格)は注目株の竹内アカツキくんから…どうやら私は愛されているらしい?

※この作品はBerry's Cafeさんでも掲載されています

R15 / オフィスラブ / ラブコメ / ほのぼの / 女主人公 / 現代 / ハッピーエンド / 年下くん
全3話完結 2022/11/20 07:07更新
9,467字 (3155.7字/話) 58%
日間P
-
総合P
32
ブクマ
4
平均評価
8
感想数
1
レビュー
1
評価頻度
75%
評価P
24
評価者数
3
週間読者
486
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2022/12/04 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です