異世界[恋愛]

「きみのためを思って追放するんだ」と上から目線で説教していた元婚約者が、いまになって戻って来てくれとやたら必死に懇願していますが、残念ながらわたしはもう辺境騎士団領で最高に幸せになったのでお断りです。

「きみのためを思って云っているんだ。宮廷を出て行け」

 婚約者であったわたしの目の前で、王子は平然とそう口にします。何でも、かれは異世界からやってきた少女と結婚するのだとか。わたしの存在が邪魔になったんですね。ただし、後になって戻って来てくれと泣きついても、もう知りません。わたしは辺境の騎士団領へ行き、そこでたくさんの騎士さまたちに囲まれて最高の幸せを見つけます!

 婚約者に裏切られ、上から目線でののしられて宮廷を追放された伯爵令嬢が、輝くようなほんとうの幸せを見つけるロマンティックストーリー。

ほのぼの / 女主人公 / 西洋 / 中世 / ざまぁ / ざまぁ強め? / その言葉お返しします / 因果応報 / 上から目線説教王子 / わんこ系少年騎士
全4話完結 2022/05/11 06:38更新
8,163字 (2040.8字/話) 38%
日間P
190
総合P
7,532
ブクマ
509
平均評価
7.59
感想数
7
レビュー
0
評価頻度
168.57%
評価P
6,514
評価者数
858
週間読者
36,395
日間イン
9回
ベスト
21位
最終取得日時:2022/05/21 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です