異世界[恋愛]

妻が遺した三つの手紙

「ハロルド、私が嫁いできた日のことを覚えてる?貴方は開口一番「君を愛することはない」と言ったわね――」

 ハロルド・クリーヴズ伯爵が見つけた手紙。それは、亡くなった妻から自分へ宛てたものだった。
 読み進めながら、彼は妻との思い出を辿っていく。
 
 手紙シリーズ第二弾。ざまぁはありません。

※ アルファポリスにも投稿しています。

恋愛 / ハッピーエンド / 死別
短編 2024/04/14 20:46更新
7,515字 25%
日間P
10
総合P
8,372
ブクマ
292
平均評価
8.47
感想数
5
レビュー
0
評価頻度
315.07%
評価P
7,788
評価者数
920
週間読者
568
日間イン
12回
ベスト
19位
最終取得日時:2024/05/17 12:09
※googleにインデックスされているページのみが対象です