異世界[恋愛]

【短編】初恋の人が『初恋の女の子』に夢中で婚約破棄までしたので、彼の真の『初恋の女の子』である私は受け入れて、辺境伯令息の甘い優しさに癒されます。

 幼い頃に婚約した殿下が、私の初恋である。
 しかし、殿下は殿下で『初恋の女の子』に夢中。婚約直後に高熱を出したせいで記憶があやふやではあるが、出会った女の子が忘れられないと語る。
 『初恋の女の子』と比べて貶してくる殿下に、私の初恋はしぼみ、ついに『初恋の女の子』が隣国の王女だと突き止めた殿下は「婚約破棄」を突き付けた。もう私の初恋は終わったので、受け入れた。
 そんな私の元に駆け付けた学園のクラスメイト、辺境伯令息が婚約を申し込む。

「僕は苦しみからも、君を連れ去るよ」

 その後、無事、隣国の王女と婚約が成立して、祝いのパーティーの隅っこでお酒をたしなんでいた私は、ついうっかり「殿下が話している『初恋の女の子』は、かなり美化されているけれど、私のことよ」と友人達に口にしてしまった。
「元々、政略結婚は建前で、婚約も彼の気持ちが先走ってちょっと強引に結ばれたもの。そのあと高熱が出てすっかり忘れてしまったのよね」
 嘘をついてまで嫁ぐ隣国の王女への怒り。それに騙されている初恋の王子への情けなさ。うっぷんを晴らすために酔いの勢いで明かしてしまったのだった。
※※※日間異世界[恋愛]ランキング2位→★1位★(2024/03/31・4/1)ありがとうございます!※※※
(アルファポリスサイトにも掲載)

女主人公 / 西洋 / ハッピーエンド / 悲恋 / すれ違い / 初恋 / 思い出泥棒 / 王族 / 令嬢 / 辺境伯令息 / ざまぁ / もう遅い / 溺愛 / 婚約破棄 / R15 / 残酷な描写あり
短編 2024/03/30 07:07更新
18,381字 30%
日間P
134
総合P
35,864
ブクマ
2,156
平均評価
8.63
感想数
0
レビュー
0
評価頻度
169.57%
評価P
31,552
評価者数
3,656
週間読者
13,577
日間イン
19回
ベスト
1位
最終取得日時:2024/04/22 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です