異世界[恋愛]

【短編版】ところで、政略結婚のお相手の釣書が、私のこと嫌いなはずの『元』護衛騎士としか思えないのですが?

ある日、辺境伯令嬢の私の元に届いた婚約打診の釣書。名前は書かれていない。
それなのに、そこに書かれている人物は、どうみても、元護衛騎士しか当てはまらない。
国王陛下の直筆サインがあるばかりに、王都に行くことになった私の前に現れたのは、まったく以前と違ってしまった元護衛騎士だった。
『……は』と『は……?』しか言わなかったはずの元護衛騎士が、豹変してしまった。
「――――ミラベル!」
 ――――えっ、初めて名前呼ばれた?!
「……相変わらず、美しいな。あなたは」
 ――――あなた誰ですか?!
 嫌われていたと思っていた護衛騎士に、没落令嬢が一途に溺愛されるラブファンタジー。

身分差 / 没落辺境伯令嬢 / 王命による婚約 / 元護衛騎士 / 溺愛 / 塩対応から豹変 / 両片思い / ご都合主義
短編 2022/05/12 15:15更新
4,327字 39%
日間P
68
総合P
6,148
ブクマ
355
平均評価
8.58
感想数
3
レビュー
0
評価頻度
178.59%
評価P
5,438
評価者数
634
週間読者
15,198
日間イン
6回
ベスト
19位
最終取得日時:2022/05/21 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です