ヒューマンドラマ[文芸]

そして、彼はいなくなった

「そなたとの婚約を破棄するっ!」

王都、社交シーズン終わりの王宮主催の舞踏会。
その会場に王太子のよく通る声が響きわたった。

王太子は婚約者がいかに不出来かを滔々と述べ立てて、だから自分には、将来の王妃には相応しくないと彼女を断罪する。そして心当たりがあり過ぎる彼女は特に反論もしない。
だが自分の代わりに婚約すると王太子が告げた人物を見て唖然とする。

なぜならば、その令嬢は⸺!


◆例によって思いつきの即興作品です。
そしてちょこっとだけ闇が見えます(爆)。
恋愛要素もファンタジー要素も薄いので久々にヒューマンドラマで。


◆婚約破棄する王子があり得ないほどおバカに描かれることが多いので、ちょっと理由をひねってみました。
約6000字、久々に短編で投稿します。


◆つい過去作品と類似したタイトル付けてしまいましたが、直接の関係はありません。


◆この作品もアルファポリスでも公開します。


◆22/11/21〜23、[ヒューマンドラマ]日間ランキング1位!ありがとうございます!

婚約破棄 / おバカ(?)な王子 / 男爵家令嬢 / 公爵家令嬢 / 婚約者 / 幽閉 / なかったことに / ある意味メリバ
短編 2022/11/20 19:00更新
6,417字 63%
日間P
194
総合P
3,772
ブクマ
167
平均評価
7.9
感想数
7
レビュー
0
評価頻度
260.48%
評価P
3,438
評価者数
435
週間読者
-
日間イン
9回
ベスト
28位
最終取得日時:2022/11/29 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です