異世界[恋愛]

忘れられた第十皇女ですが、婚約者がいたようです!?

第四側妃の一人娘、第十皇女ラウレンティア・アデラ・ハルフォードは生まれるのと同時に母親が他界。その後、使用人たちの入れ替わり時に引き継ぎがうまくいかず、使用人はいなくなり、生きるために使用人として潜り込み働き始めた。十年以上が経ったある日、皇帝の誕生日のパーティーの場で末っ子皇女の婚約者が発表されることに。婚約者のウル・インガル・ヴァレンタインは、その場で「自分は第十皇女の婚約者だ」と言い出して──!?

えっ? 私って婚約者いたの?

女主人公 / 西洋 / 中世 / ハッピーエンド
短編 2024/04/07 18:33更新
9,838字 49%
日間P
8
総合P
27,970
ブクマ
1,478
平均評価
8.27
感想数
34
レビュー
0
評価頻度
204.6%
評価P
25,014
評価者数
3,024
週間読者
1,602
日間イン
16回
ベスト
1位
最終取得日時:2024/05/17 12:10
※googleにインデックスされているページのみが対象です