異世界[恋愛]

「愛することはない」と言われましても、そもそもその必要はございません。

辺境伯の元へと嫁いだ子爵令嬢キャロルは、夫となったジュリアスから、初めての夜に酷い言葉を投げかけられた。

「私があなたを愛することはない」

この婚姻を望んだのは辺境伯側、だというのに余りに不誠実な態度。
だが、色々とたくましいキャロルは取り乱すこともなく、夫の真意を尋ねる。
そして語り出されたのは、いかに貴族と言えどもあまりにあまりな事情で……。
それを聞いたキャロルは、全てが終わった最後にこう告げる。

「あなたがわたくしを愛する必要はありません」

と。

これは、どうにもならないしがらみに満ちた貴族社会を、己の力一つで乗り越えていく女達の物語である。

R15 / ガールズラブ / 冒険 / 女主人公 / 西洋 / 近世 / 中世 / ハッピーエンド / コメディ
短編 2022/11/22 06:12更新
10,107字 44%
日間P
84
総合P
11,900
ブクマ
664
平均評価
8.71
感想数
22
レビュー
0
評価頻度
182.83%
評価P
10,572
評価者数
1,214
週間読者
44,532
日間イン
11回
ベスト
8位
最終取得日時:2022/12/04 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です