異世界[恋愛]

広間でドレスを脱ぎ捨てた公爵令嬢は優しい香りに包まれる

シャーリー・フォークナー公爵令嬢は、この国の第一王子であり婚約者であるゼブロン・メルレアンに呼び出されていた。
王立学園の卒業パーティの会場から廊下を挟んだ控室の一つに。
シャーリーはゼブロンからこの日はエスコートできないと予め言われていた。
エスコートできないのに呼び出される理由が穏やかなものであるはずがないと、シャーリーは覚悟をしていた。
婚約破棄は皆の総意だと言われたシャーリーは、ゼブロンの友人たちの総意では受け入れられないと、王宮で働く者たちの意見を集めて欲しいと言う。
そんなことを言いだすシャーリーを小馬鹿にするゼブロンと取り巻きの生徒会役員たち。
それで納得してくれるのならと卒業パーティ会場から王宮へ向かう。
ゼブロンは自分が住まう王宮で集めた意見が自分と食い違っていることに茫然とする。


連載の形ですが18,000字ほどの短編です。
完結しています。
別サイトにも掲載する予定です。

恋愛 / 婚約破棄 / ざまぁ
全6話完結 2022/11/22 19:00更新
18,880字 (3146.7字/話) 24%
日間P
352
総合P
25,654
ブクマ
2,088
平均評価
8.5
感想数
6
レビュー
0
評価頻度
121.02%
評価P
21,478
評価者数
2,527
週間読者
92,182
日間イン
12回
ベスト
2位
最終取得日時:2022/12/04 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です