異世界[恋愛]

魔力がないからと人手不足の仕事を押しつけられた私、次の仕事は公爵夫人らしいです

癒しの魔力をほとんど持たないため「役立たずの穀潰し」の烙印を押されたアルジェリータは森の奥深くで竜のお世話係──なくてはならない尊い仕事、と言われているが過酷で人が寄りつかない職に従事していた。ある日の朝、アルジェリータは実家から婚約者が妹に鞍替えした事と、自分が老将軍の後妻として嫁ぐ事を事後報告で知らされる。選択肢もなく公爵家に送られたアルジェリータだったが、彼女を出迎えたのは若き公爵マーガスで、彼の祖父である老将軍はすでに鬼籍に入った後だと告げられる。行き場がなくなってしまったアルジェリータはマーガスに「仕事がないのでここで働かせてほしい」と頼み込むのだが、マーガスは「仕事が欲しいなら俺の妻になればよい」と一言。突然の求婚に戸惑うアルジェリータだが、なし崩しに彼の「提案」を受け入れる。ツギクル、アルファポリスにも投稿しています。2/18~19アルファポリスでホットランキング1位いただきました!

婚約破棄 / 契約結婚 / 虐げられ / ざまぁ要素あり / 姉妹格差 / じれじれ / ハッピーエンド / 竜 / 溺愛 / 魔法 / 無自覚 / ワーカホリック / ヤングケアラー
全42話完結 2024/02/22 15:08更新
117,601字 (2800字/話) 51%
日間P
114
総合P
56,272
ブクマ
6,577
平均評価
9.1
感想数
0
レビュー
0
評価頻度
72.05%
評価P
43,118
評価者数
4,739
週間読者
6,425
日間イン
51回
ベスト
1位
最終取得日時:2024/04/22 12:42
※googleにインデックスされているページのみが対象です