ヒューマンドラマ[文芸]

【短編】冤罪が判明した令嬢は

王太子エルシドの婚約者として有名な公爵令嬢ジュスティーヌ。彼女はある日王太子の姉シルヴィアに冤罪で陥れられた。彼女と二人きりのお茶会、その密室空間の中でシルヴィアは突然フォークで自らを傷つけたのだ。そしてそれをジュスティーヌにやられたと大騒ぎした。ろくな調査もされず自白を強要されたジュスティーヌは実家に幽閉されることになった。彼女を公爵家の恥晒しと憎む父によって地下牢に監禁され暴行を受ける日々。しかしそれは二年後終わりを告げる、第一王女シルヴィアが嘘だと自白したのだ。けれど彼女はジュスティーヌがそれを知る頃には亡くなっていた。王家は醜聞を上書きする為再度ジュスティーヌを王太子の婚約者へ強引に戻す。
そして一年後、王太子とジュスティーヌの結婚式が盛大に行われた。
2023/09/17 文芸1位、総合6位有難うございます。
カクヨムなどにも投稿しています。

R15 / 残酷な描写あり / 悪役令嬢 / ビターエンド / 本人は満足 / 婚約破棄 / 公爵令嬢 / 冤罪の加担者 / 結婚 / 女性ヒロイン / 復讐 / ざまぁ
短編 2023/09/15 18:42更新
7,453字 22%
日間P
-
総合P
18,638
ブクマ
843
平均評価
8.64
感想数
25
レビュー
0
評価頻度
232.86%
評価P
16,952
評価者数
1,963
週間読者
353
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/07/21 12:21
※googleにインデックスされているページのみが対象です