異世界[恋愛]

瀕死の王子を薬釜で煮て国外追放された聖女ですが、後悔も反省もしていません。

「大聖女 フーリアを国外追放とする」
高らかに宣言されたのは第一王子 クロードが一命を取り留めた後のことだった。
批難の声もあがっているが、国王陛下より下された命が覆ることはない。フーリアの功績は大きいが、不敬罪であることも事実。
瀕死の王子を助けたフーリアが取った行動は、王子を薬釜に入れて煮込むという方法だったのだから。
何より、貴族達が平民のフーリアを大聖女の席から引き摺り下ろす機会を見逃すはずはない。王の間の中ですら、薄っすらと笑みを浮かべている貴族がチラホラと目に入る。
フーリアが抵抗する姿を楽しみにしているのかもしれない。だが彼女が異議を唱えることはない。国外追放を受け入れることにした。だからこの場に来た。神官長から譲ってもらったアイテムを持ち、隣国の森に降ろされたフーリアは養父母の墓参りのため、遠い国を目指すことにしたのだが――。

女主人公 / 聖女 / 追放 / 両片思い / こじらせ / もふもふ
全24話完結 2022/08/06 15:09更新
56,498字 (2354.1字/話) 23%
日間P
5,974
総合P
15,644
ブクマ
2,824
平均評価
8.85
感想数
23
レビュー
0
評価頻度
39.98%
評価P
9,996
評価者数
1,129
週間読者
-
日間イン
7回
ベスト
2位
最終取得日時:2022/08/07 12:05
※googleにインデックスされているページのみが対象です