異世界[恋愛]

搾取された少女は精霊の愛し子でした~巫女は護りの石を編む~

孤児のスーリはマクラムという組紐細工を作り、隊商の行き交うオアシス村の外れで細々と暮らしていた。
スーリのマクラムは民芸品屋を営むゾヤおばさんの店で売られていたが、やがてそれをラクダのたてがみに結んでおくと、砂漠をゆく道中で危険な目に合わないと評判になる。
だがマクラムの作者はスーリではなくゾヤおばさんの娘のサミラだとされて、みすぼらしいスーリは作品を買い叩かれる日々が続いていた。

そんなある日、スーリの小屋に血塗れの男が現れて――。

R15 / 残酷な描写あり / 聖女 / ざまぁ / ハッピーエンド / 巫女 / 精霊
短編 2024/02/21 11:14更新
11,406字 54%
日間P
10
総合P
6,530
ブクマ
284
平均評価
8.13
感想数
1
レビュー
0
評価頻度
258.1%
評価P
5,962
評価者数
733
週間読者
146
日間イン
10回
ベスト
29位
最終取得日時:2024/04/12 12:10
※googleにインデックスされているページのみが対象です