異世界[恋愛]

おばさんは、のんびり暮らしたい

30歳村山直子は、いわゆる勝手に落ちてきた異世界人だった。

たまに物が落ちてくるが人は珍しいものの、牢屋行きにもならず基礎知識を教えてもらい居場所が分かるように、また定期的に国に報告する以外は自由と言われた。

さて、生きるには働かなければならない。

「仕方がない、ご飯屋にするか」

栄養士にはなったものの向いてないと思いながら働いていた私は、また生活のために今日もご飯を作る。

「地味にそこそこ人が入ればいいのに困るなぁ」

意欲が低い直子は、今日もまたテンション低く呟いた。


毎度ながら誤字等ありがとうございますとすみません。
ゆるいですが、息抜きに読んで頂けたら嬉しいです。

ネトコン12 / 年の差 / 異世界 / 異世界転移
全12話完結 2023/05/23 16:52更新
18,858字 (1571.5字/話) 54%
日間P
-
総合P
10,610
ブクマ
921
平均評価
8.36
感想数
3
レビュー
0
評価頻度
113.9%
評価P
8,768
評価者数
1,049
週間読者
135
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/06/25 12:37
※googleにインデックスされているページのみが対象です