歴史[文芸]

原子爆弾

1945年7月16日午前5時29分45秒、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ソコロ郊外の砂漠で、人類史上初めて原子爆弾が使用された。
現在に至るまで究極の破壊兵器として君臨する原子爆弾は、どのような経緯で完成に至ったのか?
そもそものきっかけ、源流はどこなのか?
本作では、その出発点を1905年のスイスの首都・ベルンに定めた。
ここから1945年の広島を終着点とする、およそ40年間の出来事が描かれる事になる。
被爆国である日本には、被害者視点での分析や情報は数多く存在するが、世界史的に俯瞰するならば、これらは一面的な資料に過ぎない。
そもそも原子爆弾はアメリカが開発し、アメリカが投下した兵器である。
この「アメリカ側の視点」が加わらない限り、原子爆弾の真実は絶対に分からない。
本作の読者は、その真実を探る旅へと出かける事になるだろう。

史実 / 核兵器 / 原爆 / 核 / アインシュタイン / 相対性理論
全14話連載中 2022/05/20 20:00更新
17,590字 (1256.4字/話) 1%
日間P
-
総合P
54
ブクマ
13
平均評価
9.33
感想数
6
レビュー
1
評価頻度
23.08%
評価P
28
評価者数
3
週間読者
-
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2022/08/07 01:08
※googleにインデックスされているページのみが対象です