異世界[恋愛]

思い出は、もらえませんでした

婚約者との婚約解消の王命。

お慕いしていた婚約者との思い出作りにデートというものがしたかったのです。

両親は泣いて謝ってくれたけれど、本当は、遅かったのだと、思う。

婚約者様は必要最低限の交流と贈り物をするだけでした。
あのお茶会で、彼が誰を見ていたのか、知りましたから。

ただ、最後に思い出だけが欲しかったのです。

好きな方とのデート、というものをしてみたかった。

でもーー


*エブリスタ様と同時公開。
ご都合主義。ゆるふわ設定。

悲恋 / 女主人公 / 婚約解消 / どれだけ私欲でも / 王命には逆らえない / 国王/王女/王子 / 養女/入れ替わり / 侯爵家/伯爵家 / 国外と新たな婚約は / 匂わせ / 王妃/側妃
短編 2022/08/04 00:00更新
10,331字 27%
日間P
5,380
総合P
14,884
ブクマ
1,503
平均評価
8.21
感想数
0
レビュー
0
評価頻度
96.27%
評価P
11,878
評価者数
1,447
週間読者
-
日間イン
4回
ベスト
2位
最終取得日時:2022/08/07 12:05
※googleにインデックスされているページのみが対象です