ヒューマンドラマ[文芸]

見切りをつけたのは、私

「あんな女、愛せるとは思えないよ。メロディと比べたらデブ過ぎる!」
「お前酷いな。そんな態度だと、婚約解消されるぞ」
「大丈夫だ。その辺はちゃんとしているから、気づかれてない」
「可哀想な婚約者」
「「「はははっ」」」

聞いちゃった。
これが婚約者の本音なのね。
すっかり騙されていたわ。

今私をデブだと笑っていた男は、私の婚約者のハーディー。アルベローニ侯爵家の次男で、同じ16歳だ。

そして私はマイナリー。ロゼクローズ伯爵家の長女で、他に義理の妹が一人いる。


アルベローニ侯爵家は子爵位と男爵位も保有しているが、伯爵位が継げるならと、ハーディーが家に婿入りする話が進んでいた。
侯爵家は息子の爵位の為に、家は侯爵家の事業に絡む為にと互いに利がある政略だった。


いつも通り二転三転して、今回はわりと幸せになっています。

伯爵令嬢 / 侯爵令息 / 庶子 / 婚約者 / 婚約解消
短編 2024/06/05 22:59更新
14,274字 30%
日間P
28
総合P
10,460
ブクマ
369
平均評価
8.16
感想数
8
レビュー
0
評価頻度
322.76%
評価P
9,722
評価者数
1,191
週間読者
28,380
日間イン
10回
ベスト
12位
最終取得日時:2024/06/24 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です