異世界[恋愛]

死神辺境伯は幸運の妖精に愛を乞う〜間違えて嫁いだら蕩けるほど溺愛されました〜

オルステット公爵家のアミティは白い髪と金の目を持つ色のない不吉な子供として白蛇と呼ばれ、家族から疎外されて使用人の一人として生きてきた。
ある日、戦場の死神と恐れられているシュラウド・ハイルロジア辺境伯から妻に娶りたいとの打診が来る。
父に言われるまま辺境伯家に送られるアミティだが、本当は妹のシェイリスを望まれていたのだと知る。
オルステット公爵は、いらない方の娘を取り違えたふりをして辺境伯に渡そうとしたのである。
すぐに公爵家に戻ろうとしたアミティだが、シュラウドに引き止められる。
妻という立場でいてくれたら何をしても構わないと契約を持ちかけるシュラウドは、アミティにまるで興味がないように見えた。
シュラウドは辺境伯家に居て良いと言ってくれたが、迷惑をかけたくない。アミティは辺境伯家を逃げ出すが、シュラウドはアミティを追いかけてきて「自分のものにする」と言う。
ハイルロジア辺境伯家の言い伝えに、幸運を運ぶアウルムフェアリーというものがあり、アミティは言い伝えの妖精に姿がよく似ているのだと。
そうして、溺れるように、愛される日々がはじまった。

アルファポリス様でも掲載しています。

R15 / シリアス / 女主人公 / 西洋 / 中世 / 結婚 / 溺愛 / ハッピーエンド / 辺境伯 / 軍人 / 虐げからの溺愛 / すれ違いはほぼなし
全37話完結 2022/11/18 12:28更新
102,255字 (2763.6字/話) 37%
日間P
96
総合P
12,370
ブクマ
1,928
平均評価
8.95
感想数
13
レビュー
1
評価頻度
49.33%
評価P
8,514
評価者数
951
週間読者
43,826
日間イン
16回
ベスト
16位
最終取得日時:2022/12/04 12:11
※googleにインデックスされているページのみが対象です