ヒューマンドラマ[文芸]

公爵令嬢エバレットの、『最後の挨拶』

公爵令嬢 エバレットの悲劇。 何処までも、何処までも追い詰められた彼女がとった最後の手段は、矜持を持って自らの命断つ事。 

彼女に何が起こったのか。

彼女の死が何を齎すのか。

責務と責任に生きたエバレットの最期の時。 血を吐く様な最後の挨拶。 

ハッピーエンドマニアの中の人が贈る、悲劇の物語! かなり辛い情景が続きます。 耐性の無い方は、ブラウザバック宜しくお願い申し上げます!

題名を変更いたしました。 

残酷な描写あり / 悲恋 / シリアス / 女主人公 / 西洋っぽい何処か / 中世っぽい時代 / 愛されたかった / 信じて欲しかった / 最後の挨拶
短編 2023/01/18 04:40更新
8,616字 11%
日間P
58
総合P
6,670
ブクマ
504
平均評価
8.55
感想数
20
レビュー
0
評価頻度
131.35%
評価P
5,662
評価者数
662
週間読者
16,353
日間イン
12回
ベスト
29位
最終取得日時:2023/02/07 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です