異世界[恋愛]

政略結婚の夫に「あなたを愛する気はありません」と宣言したら、なぜか溺愛が始まりました

美しい妹と比較され、家族から虐げられる伯爵令嬢、マルグリット・クラヴェル。
彼女は、妹の身代わりとして敵対するド・ブロイ公爵家のルシアンのもとへ嫁ぐことになった。

「はじめに言っておく。お前を愛するつもりはない」
「はい! わたしもあなたを愛する気はありませんので、どうぞご心配なく」
「……」
「え、なにか変なこと言いましたか?」

公爵家での扱いは冷たいものだったが、実家で慣れているマルグリットは気にしない。
実家を出て生来の明るさを取り戻したマルグリットは、無自覚にルシアンの心を癒やしていく。
やがてルシアンはマルグリットに恋心を抱いてしまう。

(愛するつもりはないと言ったのに、愛してしまった)
(お名前をお呼びすると真っ赤になって眉を寄せるのは、怒っておられるのかしら……)

二人のすれ違いは続く。

一方、領地経営にも関わっていたマルグリットを追い出してしまったクラヴェル伯爵家は、経営が怪しくなってゆき……。

※アルファポリスにも掲載しています。

R15 / 残酷な描写あり / 女主人公 / ハッピーエンド / 溺愛 / 偽装結婚 / 政略結婚 / 公爵 / 令嬢 / 姉妹格差 / ざまあ要素あり
全53話完結 2022/11/11 07:00更新
106,198字 (2003.7字/話) 32%
日間P
730
総合P
45,472
ブクマ
6,545
平均評価
9.12
感想数
46
レビュー
0
評価頻度
54.22%
評価P
32,382
評価者数
3,549
週間読者
48,625
日間イン
30回
ベスト
2位
最終取得日時:2022/12/04 12:09
※googleにインデックスされているページのみが対象です