異世界[恋愛]

ラズベリーパイはもう焼かない

『帰ったら結婚しよう』――その言葉を信じて待ち続けた。
少しでも彼の力になりたくて、メイリーンは王都の教会で聖女見習いになった。けれど三年間待ち続けた彼女に投げられたのはあまりにも非情な言葉だった。
「俺、姫様と結婚することになったから。メイリーンは村にでも帰って他の奴と結婚してくれ。金ならがっぽり稼いでるんだろ?」
絶対迎えに行くからなんて言っておいて、稼いだ金持って帰れ? 迷惑だから連絡してくるな? 村長の息子との結婚話も彼が断わってくれと言ったから断ったのに? あっさりと姫様に鞍替えするなんて信じられない! 顔もみたくないと吐き捨てたメイリーンだったが、このまま村に帰ることも出来なければ、働き口のあてもない。困っている彼女に救いの手を差し出したのは元大聖女のオリヴィエだった。

女主人公 / 魔王 / 勇者 / 魔法 / 幼馴染 / 失恋 / ハッピーエンド / グルメ
短編 2022/05/08 12:00更新
30,448字 43%
日間P
244
総合P
26,516
ブクマ
1,627
平均評価
8.59
感想数
42
レビュー
1
評価頻度
166.38%
評価P
23,262
評価者数
2,707
週間読者
97,405
日間イン
13回
ベスト
1位
最終取得日時:2022/05/21 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です