異世界[恋愛]

愛するひとの幸せのためなら、涙を隠して身を引いてみせる。それが女というものでございます。殿下、後生ですから私のことを忘れないでくださいませ。

プリムローズは、卒業を控えた第二王子ジョシュアに学園の七不思議について尋ねられた。

七不思議には恋愛成就のお呪い的なものも含まれている。きっと好きなひとに告白するつもりなのだ。そう推測したプリムローズは、涙を隠し調査への協力を申し出た。

しかし彼が本当に調べたかったのは、卒業パーティーで王族が婚約を破棄する理由だった。断罪劇はやり返され必ず元サヤにおさまるのに、繰り返される茶番。

実は恒例の断罪劇には、とある真実が隠されていて……。

愛するひとの幸せを望み生贄になることを笑って受け入れたヒロインと、ヒロインのために途絶えた魔術を復活させた一途なヒーローの恋物語。

ハッピーエンドです。

この作品は他サイトにも投稿しております。

R15 / 身分差 / 年の差 / ヒストリカル / 日常 / 青春 / 女主人公 / 西洋 / 学園 / 近世 / 魔法 / ハッピーエンド / 両片思い
短編 2023/03/12 20:02更新
7,999字 69%
日間P
-
総合P
8,376
ブクマ
486
平均評価
8.53
感想数
0
レビュー
1
評価頻度
178.6%
評価P
7,404
評価者数
868
週間読者
256
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/02/26 12:33
※googleにインデックスされているページのみが対象です