異世界[恋愛]

恋心に苦しむ王妃は、異国の薬師王太子に求愛される【WEB版】

旧タイトル・嫌われ王妃は、死にました!
「ぜーんぶどうでもいいわ! だって、愛されない私は死んだのだし」
 公爵令嬢だったリュゼリアは、一目惚れした国王エドワードと結婚して王妃になった。けれど、エドワードは幼馴染の男爵令嬢アイリに夢中。しかし白い結婚がつらくなり、アイリを妃に迎えてはと提案しても、エドワードは取り合ってくれない。そんな中、リュゼリアの元に最近話題の異国の薬師が現れる。薬師は、リュゼリアに「リュゼリアが最も必要としている薬」を渡した。薬を毒薬だと思い、疲れたリュゼリアは薬を飲んで自殺を図る。しかし、翌朝普通に目覚めて——。実はその薬は恋心を消す薬で、あんなに好きだったエドワードのことはどうでもよくなっていた。そして、リュゼリアは気づく。
「あの人からの愛なんてどうでもいいわ。私が私を愛してあげなくちゃ!」
リュゼリアはエドワードが軽んじられないように我慢していたことをやめ、自由に生きることにする。思う存分自分を甘やかしていると、エドワードの様子が変わり始め——。
「実は君が好きだった? 今更よ知らないわ」
そしてなんと異国の薬師は、大国の王太子であることがわかり……。 
※アルファポリス様でも公開しています。

恋愛 / ざまぁ/ざまあ / 美形 / 溺愛 / ハッピーエンド / 王子 / もう遅い / 白い結婚
全65話完結 2023/12/10 08:00更新
81,757字 (1257.8字/話) 41%
日間P
4
総合P
31,618
ブクマ
6,758
平均評価
8.79
感想数
219
レビュー
0
評価頻度
30.47%
評価P
18,102
評価者数
2,059
週間読者
2,051
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/02/26 12:33
※googleにインデックスされているページのみが対象です