異世界[恋愛]

「だから結婚は君としただろう?」

ホンス伯爵家にはプリシラとリリアラという二人の娘がいた。

黒髪に茶色の瞳の地味なプリシラと、金髪で明るい色彩なリリアラ。両親は妹のリリアラを贔屓していた。
救いは、祖父母伯爵は孫をどちらも愛していたこと。大事にしていた…のに。

プリシラは幼い頃より互いに慕い合うアンドリューと結婚し、ホンス伯爵家を継ぐことになっていた。

それを。
あと一ヶ月後には結婚式を行うことになっていたある夜。

アンドリューの寝台に一糸まとわぬリリアラの姿があった。リリアラは、彼女も慕っていたアンドリューとプリシラが結婚するのが気に入らなかったのだ。自分は格下の子爵家に嫁がねばならないのに、姉は美しいアンドリューと結婚して伯爵家も手に入れるだなんて。

…そうして。リリアラは見事に伯爵家もアンドリューも手に入れた。

けれどアンドリューは改めての初夜の夜に告げる。

「君を愛することはない」

と。

わがまま妹に寝取られた物語ですが、寝取られた男性がそのまま流されないお話。そんなことしたら幸せになれるはずがないお話。

ハッピーエンド / バッドエンド / 婚約破棄 / 姉妹格差 / 寝取り / 寝取られ / 仕返し / ざまぁ / R15
全5話連載中 2024/04/10 13:18更新
13,411字 (2682.2字/話) 17%
日間P
1,784
総合P
27,076
ブクマ
8,233
平均評価
8.73
感想数
0
レビュー
0
評価頻度
14.76%
評価P
10,610
評価者数
1,215
週間読者
90,377
日間イン
14回
ベスト
3位
最終取得日時:2024/04/12 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です